FC2ブログ
10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.12
亞連亞連亞連.
拉比抬起頭卻被太陽晃了眼.有白色的鳥正夾著風自他眼前張皇地穿梭過去.
他笑笑,回轉側身靠上身後的墓碑.
do,re,mi.
大拇指,食指,中指,依次輕巧地抵上去.他微瞇起眼,然後閉上眼.
他的指尖悉心地自冰涼的碑面上一點點摸索,一點點分辨,溫柔得像是在為自己的戀人彈起一首小情歌.
A-L-L-E-N-W-A-L-K-E-R
他半睜開眼.他皺皺引以為傲的以前常常被用來當作亞連面前耀資本的高挺的鼻子.然後鼻尖抵上去.
亞連亞連亞連.
他一迭聲喊著.笑得露出牙齒.
我現在啊,有一點想你啊.可是我找不到你哦.





然後他偷偷地有點難為情地小聲哭了起來.

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kuyeye.blog102.fc2.com/tb.php/23-a6052de1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。